【青き月夜】ミニチュア飾り着物制作記

aokitukiyo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:舞楽( 2 )


2012年 10月 25日

四天王寺経供養舞楽(蘇幕者)

縁の下の舞(=エンノシタノマイ)
上方で行われた「いろはたとえ」の中にある句。無駄骨折り。また、蔭でやっている善行は人目に立たぬ意。四天王寺に、経供養といって、太子殿の庭前で非公開の舞楽を行う行事があり、衆人の眼につかずに舞うところから出た語である。
『摂津名所図絵』の「四天王寺法莚略記」の中の東成郡に、「三月二日未刻、経堂経供養、(中略)此日は震旦国より経論わたりし日なれば、毎年経供養行はる。秋野坊経巻を守護して伶人楽を奏し経堂・太子堂を行道あるなり。太子堂西の庭上にて舞楽ある。これを俗に縁下の舞といふ」…大阪ことば事典・牧村史陽編(講談社学術文庫)より

蘇幕者(そまくしゃ)

e0253245_12374189.jpg

e0253245_11254096.jpg

e0253245_11263287.jpg

e0253245_11274865.jpg

 曲名は、現在の中央アジアのトルファン地方の一種の帽子のことであるといわれ、林邑僧仏哲が伝えた「林邑八楽」の中の一つである。中央アジア地方の民族音楽の一つであるととも考えられる。
 聖徳太子は常は飛鳥と天王寺の間を愛馬「甲斐の黒駒」に乗り往還された。ある秋の候(装束の「蓑」に栗の枯れ葉が付いていることから推察)、大和と河内の境である大和川の亀の瀬で、太子が愛用の洞簫(どうしょう)(中国古代の尺八)をとり、馬上で吹奏された時、一匹の老猿(実は信貴(しぎ)の山神)が現れて、笛の音に合わせて舞ったという。その姿を四天王寺の楽人に命じて作られたものであるという。四天王寺では、この曲の横笛の主奏者が、太子を表す平纓唐冠(ひらえいとうかんむり)をかぶり聖徳太子になぞらえて、舞台横に立って演奏する。特に聖徳太子御愛用の笛と伝える、四天王寺所蔵の「京不見御笛(きょうみずのおふえ)」を借りて吹く慣例が残っている。これを「京不見御笛当役(きょうみずのおすえとうやく)」という。
 四天王寺独特の舞楽として、古来より天王寺楽所の楽家薗家の秘舞として伝承された。…平成24年10月22日経供養舞楽目録解説より

☆このページでも蘇幕者UPしてます〜!
勿論違う写真だよ〜
[PR]

by aokitukiyo | 2012-10-25 13:52 | 舞楽
2011年 10月 24日

「四天王寺」経供養

☆経典を供養する舞楽法要(10月22日)

天気が良いと、聖霊院西側庭上で、法要が行われるが、本年は、前日の雨が酷くて、聖霊院拝殿内(前殿)で行われた。
萬歳楽(まんざいらく)
e0253245_13454221.jpg

萬歳楽の解説はaokitukiyoの徒然なるままににてUP


採桑老(さいそうろう)
e0253245_13462243.jpg

 中国から伝わった盤渉調の左方舞である。不老不死の薬草を求めて山野をさまよう老人が、逆に次第に老衰してゆく姿を模した舞といわれる。壮年から次第に齢をとり、ついに百歳の長寿に至る間に、だんだんと衰えていく姿を描写したものともいう。能の「翁」面の原形とおもわれる切り顎の老人面をかぶり、鳩杖を持った白の直衣(のうし)姿で頭に笹の枝を指し、腰に「下鞘」と「薬袋」を下げた老爺が次第に衰える様子を示して舞う。四天王寺では「鼻かむ手」や、ついに衰弱して人に寄りかかってようやく退出するなどの、写実的な演技も伝えられていた。
 中国伝来の舞楽であるが、『古今著聞集』や『教訓抄』などの記述によれば、堀河天皇の頃、この舞を伝承していた京都方の楽人多資忠が殺害されたため断絶してしまった。しかし幸いなことに資忠の曾祖父の多好茂が、四天王寺楽人の秦公信に伝えておいたため、公信の子公貞が、逆に資忠の子近方に伝え返したといわれている。いつの頃からか、この曲を舞うと三年以内に必ず死ぬというような、不吉な迷信が言い伝えられるが、これはかなり老境に入った舞人が舞うことになるため、このような伝説が生まれたものと思われる。大正初期、上方歌舞伎役者の市川右団次が引退興行にこの曲をアレンジして舞ったことがあるが、もちろん正式の舞楽としては舞われたことがなかった。しかし、昭和四十四年の国立劇場第八回雅楽公演に際して、雅亮会の故迹見昌雄が、四天王寺に残る古記録によって復元演奏され、非常な好評を博した(この曲の経供養での演奏は、雅亮会が経供養に出仕するようになった明治二十六年以降、始めてのことである)。 《四天王寺 経供養舞楽目録 より》
教訓抄=岩波書店刊行 日本思想大系(23) 古代中世藝術論 に載っています。

四天王寺さんと言えば
e0253245_13481561.jpg

亀さ〜ん!

[PR]

by aokitukiyo | 2011-10-24 14:39 | 舞楽